HOME > スポンサー広告 > いつまで飛行機の重量制限で消耗してるの?~外こもり・長期滞在者なら超過料金を払ってでも荷物を充実させろ~HOME > 長期海外滞在・外こもり・旅行tips > いつまで飛行機の重量制限で消耗してるの?~外こもり・長期滞在者なら超過料金を払ってでも荷物を充実させろ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   このエントリーをはてなブックマークに追加

いつまで飛行機の重量制限で消耗してるの?~外こもり・長期滞在者なら超過料金を払ってでも荷物を充実させろ~

 バックパッカーの間では以前から「飛行機に持ち込める荷物量にすべし」派vs「預けてでも必要な物を持って行くべし」派の争いがあります(笑)。

「飛行機に持ち込める荷物量にすべし」派の言い分


・ロストバゲッジの不安がない
・追加料金の支払いがない
・移動がしやすい

「預けてでも必要な物を持って行くべし」派の言い分


・機内持ち込み不可のハサミや100mlを超えるコンタクト洗浄液、化粧水なども持ち運べる
・必要な物を躊躇せず持ち運べる
・現地での滞在が快適になる

 ざっとこんなところですかね。

自分の滞在スタイルをよくよく吟味する


 たしかに二泊三日ペースで移動を続けるようなアクティブなバックパッカーなら、荷物量を制限し軽くするのは、利益が多いとは思います。それこそ宿に荷物を預けず持ち歩くことだって可能になる。
 でも……一週間とか一ヶ月とか移動せずに滞在する外こもりや長期滞在前提の人が荷物量を気にするのって、正直言ってバカらしいと思います。移動なんて普通はその日のうちに完結、かかっても2日程度ですよ? でも、現地での滞在は一週間、一ヶ月です。圧倒的に動かず滞在する時間のほうが長い。どちらの快適さを優先するべきかは、明らかだと思います。

 それに最近はLCCのの台頭で、預け荷物がすべて有料になり、ますます機内持ち込みだけにすべしと言う人が増えています。これもたしかに頻繁にLCCで移動するならもったいない気もしますけど、現地滞在が長くなればなるほど、飛行機自体に乗る回数が減るわけです。一ヶ月、数ヶ月に一回のLCC利用の際の超過料金をけちって、機内持込できる7kgしか持って行かない!? なんかバカらしくないですか?

Checked Baggage (during initial booking)
International (up to 20kg) JPY 3900
International (up to 25kg) JPY 4900
International (up to 30kg) JPY 5900
International (up to 40kg) JPY 7900

http://www.airasia.com/jp/ja/our-fares/fees-and-charges.page

 これはエアアジアの東京~クアラルンプールの荷物預けの料金です。一般の航空会社(レガシー)では20kg~30kgが無料です。20kgの場合でも3900円でよい。これって別に、高くないと思います。毎週乗るわけじゃないんだから。

 ちなみに……もしもシンガポール航空で、荷物が重量オーバーしたらどうなるか? 基本は30kgまで無料です。

(シンガポール~日本の場合)
http://www.singaporeair.com/ja_JP/travel-information/baggage-excess/

 なんと、1kgオーバーごとに30USDもとられる。2kgオーバーで60USD(笑)。これは高すぎる。条件次第ではエアアジアのほうが安いことすらあります。
 さすがにね、現地赴任とかならともかく、沈没型旅行者でもここまでの重量を持っていくことは、ないとは思います。30kgオーバーとなると、バスや電車といった公共交通機関での移動が難しくなりますから。

飛行機の料金は荷物超過料金に加えて、マイレージ込みで考える


 エアアジアが20kg預けると、3900円とられる。これを高いと考えるか安いと考えるか? この場合、シンガポール航空やANAなどのレガシーと合計額を比較するべきだと思うんです。ほとんどの場合、合計してもLCCのほうが安いはずです。
 ところが、たとえば中国東方航空のようなレガシーのくせに安い料金を出すことが多い航空会社の場合、話が変わってきます。

 中国東方航空はサービスひどい、機内食不味いけど、料金が安いことでも知られています。たとえば東京~インドで往復4万円とか、普通にあったりします。
 しかもマイレージがつく。中国東方航空が所属してるアライアンスは、スカイチーム。スカイチームといえば、デルタ航空のスカイマイル。スカイマイルはなんと、マイルの有効期限が今では無期限になってます。
 東京~デリーのマイル数は基本が3656マイル。中国東方航空の場合当然に中国国内で乗り換えますから、マイル数は若干増えます。
 あとは、発券する航空券のマイル加算率の問題。安い航空券だとたいてい100%加算は無理で、50%とかになります。それでも片道で2000マイル程度は加算されることになる。
 マイルの価値はだいたい2倍換算と言われますから、2000マイルとしても4000円もらえるのと同じと言えなくもない。

 往復4万円として、マイルが往復で8000円相当もらえるなら、実質32000円になる。しかも荷物の預け料金がいらないとなると……レガシーといえど、LCCといい勝負になってきませんか?
 マイルの期限も無期限なのだから、毎年海外に行く人なら、10年ぐらいすればアジア内の移動ができる無料航空券をもらえるぐらいにはなるでしょう。


 海外に長期滞在する人であれば、必死こいて荷物を7kgや10kg以下に制限することにどれだけの意味があるのか、改めて考えて欲しいと思います。そのこだわりのせいで現地滞在の快適さを捨ててしまってませんか? わずか1日2日の移動の快適さを、何週間もの現地滞在の快適さより優先させてしまっていませんか?
 あれば便利になるもの、現地滞在を快適にするものを、超過料金を気にして1グラム単位で減らすことに神経を消耗させるなら、持って行ってしまったほうが早いです。

「荷物を預けてしまう」と割り切れば、車輪付きバックという選択肢が出てきます。車輪付き、楽ですよー。7kgを背負って移動するより、遥かに楽です。たしかに途上国だと道路がでこぼこなことも多いけど、実際持って行ってみると、思いの外ころころと転がせる場所が多いものです。

 車輪付きバックのおすすめは、こちらの記事をどうぞ。



 以上、「預けてでも必要な物を持って行くべし」派の主張でした(笑)。
   このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

No title

そうか寝袋というものがありましたね、HDとかデジものばっかり考えてました。。。 確かに今の私の荷物にこれが増えるだけでも、無料手荷物に収めるのは至難、であればもう重量気にせずあれこれ持って行った方がいいですね。 ホントは私もシーツと枕カバーくらい持って行きたいんですが、重量等考えると。。。

実際私は折り畳み傘やサンダル、シャンプー、割り箸とか色々なものを現地使い捨てにしてお金かかっていますし、そこでお金かかるなら、最初からお金払って持ち込んでしまう方がというのもありですね。
(まあ今の私の場合、陸路移動もありますけど、1回の旅での空路移動も多いので、そのたびにお金払うのも大変ていうのもあるんですが。。。)

Re: タイトルなし

しん さん
Cosi さん

たとえば寝袋。安宿だと板の上に寝るようなところも普通にありますから、寝袋があると無いとでは大きく違ってくるんです。南京虫・ダニ対策にもなりますね。

サンダル。お風呂用と街歩き用は別ですよ。ビーサンで街中を歩くのは危険です。サンダルに関しては以前記事にしましたけど、安全性を考えたら、そこそこしっかりした重量のあるものになりやすい。当然飛行機移動の場合、最も重い靴を履きますが、サンダルは荷物になります。

南国でも高地に行ったら寒いですから、ブランケットやユニクロのダウンジャケットも持って行きます。

シャンプーは普通に250mlぐらいの一般サイズを買ってます。そのほうが安いですから。

他にも湯沸かし棒、コップ、味噌汁、マイ箸にスプーン……こまごまとしたものが増えていくと、20kgぐらいにはなりますね。

ただ、日本出国時は15kぐらいのことが多いと思います。かばんには隙間がある状態です。隙間があることで、現地で買ったものを、しっかりと鍵のかかるメインのかばんに収納することが出来ます。
これが出国時にパンパンだと、買ったものは別の袋に分けざるをえない。移動も管理も面倒になります。

私としては、記事に書いたように、滞在時の快適さを重視したいですね。ただでさえ宿代はケチって安いところにするわけで、そこを快適にするのは、こちら側の工夫が必要になってきますから。

もちろん、しんさんの最近の旅行スタイル、移動が多いタイプであれば、重量にこだわるのは正しいと思います。

私も20kgの中身に興味津々です。
暖かいところだと着替えも数kgで収まってしまうし、パソコンや電子機器類はPCバッグに入れてしまえばLCCでも重量にカウントされませんしね。
食糧を大量に持って行くとかでしょうか?

No title

「飛行機に持ち込める荷物量にすべし」派の私としましては(*_*;、
ぜひこの話を詳しく聞きたいのですが、何をそんなに持って行くものがあるんですか?

私は一般的な荷物に加え、PC,タブレット,スマホも持って行きますが、大体メインバッグ7kg、サブバッグ3kg、ポケット等1kgで、利便性を損なわずもう少し減らせるとも思っています。(ジャンバー等必要な寒い地域はまた別ですが)

ちなみに車輪付きバッグはもうこりました。。。(*_*;

コメントの投稿

非公開コメント

投げ銭・カンパはこちらへ

15円からお好きな金額を投げ銭出来ます。→ Kampa!

貧BPのほしいものリスト(amazon)

プロフィール

hin-bp

Author:hin-bp
アラフォーのバックパッカー。働くのが大嫌いという真性怠け者。嫌々働きながらなんとか1000万円貯めてアーリーリタイアをもくろんだものの、貯まる前に震災&原発が来てぷちっとネジが切れ、勢いで仕事辞める。今後はまったく五里霧中。

コメント・トラックバックについて

コメント・トラックバックは承認制です。 記事に対する意見・質問・批判など、ぜひお寄せください。 ただし誹謗中傷・公序良俗に反するもの・主題と明らかに無関係なものなどは、承認しないことがあります。 投稿する際は、個別の見分けがつくハンドルネームをかならず記入して下さい。ハンドルネームのないもの、他と区別できないもの(名無しさん、など)は原則として承認しません。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 世捨て人へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村
「貧BPの人生オワタ\(^o^)/旅」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

メールフォーム

ご意見やご連絡など、このフォームを使ってこちらまでお送りください。返信が必要なものはこちらから折り返しご連絡いたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。