HOME > スポンサー広告 > 「編集者」という客観的存在の大事さHOME > 社会評論 > 「編集者」という客観的存在の大事さ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   このエントリーをはてなブックマークに追加

「編集者」という客観的存在の大事さ

 最近は先日ツイッターでアンケートを取った半生記の推敲に明け暮れてます。


「金なんか出したくない」が最多だったので、少しでも読み応えのあるものにしたいですから。
 でも、本当に難しい。あれが足りない、これが足りてる、これが余計とやればやるほど、なんだかごちゃごちゃしてくる。

 こうなってくると、編集者がいてくれればどれだけ楽か……と感じてしまいます。

 いままでは「電子書籍がメジャーになれば編集なんて寄生虫は不要になるんだよ。著者一人いれば十分な時代になる」とか思ってました。最近の有料記事ブームでも似たようなことを言う人、いますよね。出版社、編集、取次なんかに中抜きされて、著者が手にする報酬は微々たるものだった。今後は大部分を手にできるぞと。
 たしかに全部一人で出来る人はいるでしょう。ブログで飯を食うってのも、基本的にはそうです。筆者、編集者、デザイナー、プランナー、全部一人でやらなきゃいけない。
 でも世の中、そう才能のある人ばかりではない。どれか一つは出来てもあとは無理って人も多いと思うんですよね。過去の文豪、芥川龍之介や太宰治が、全部一人でやって、はたして売れることはできたんでしょうか?

 有料記事ブームがはじまって数週間ってところだと思うんですけど、じわじわと「買ってみたけどクズだった」みたいな感想も増えてきているようです。こういうのもプロの編集さんが間に入ると、その分単価は上がるけど、失敗する可能性は減ることになる。そう考えると、それなりに割高な商業出版システムのありがたみもわかってくるというものです。

 あとはたとえば、紙の書籍をあつかう本屋さんも、それなりに大事な役割を果たしているんですよね。


 これらの手法が衰退していくのは事実ですけど、まだまだがんばってほしいなと思いました。


   このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

Re: No title

路傍の編集者 さん

> 現役で紙の編集をやっています。
> いや〜、こういうご意見ホントに嬉しいです。
> 普段その存在価値を疑われがちな存在なもので…

自分自身、かつては「編集なんていらないだろ?」と勝手なことを思っていましたからね。大変失礼だったと反省しております。

> noteの件、新書にちょっと足りないくらいのボリュームですね。そういう意味では400円くらいかな〜と、個人的には思います。

今回は分量というよりは内容的に拡散希望ではないもので、そのあたりも勘案して考えたいと思っています。
参考にさせていただきます。

No title

現役で紙の編集をやっています。
いや〜、こういうご意見ホントに嬉しいです。
普段その存在価値を疑われがちな存在なもので…
noteの件、新書にちょっと足りないくらいのボリュームですね。そういう意味では400円くらいかな〜と、個人的には思います。

Re: No title

銀翼 さん

> アンケートの結果、むしろ良好なのではないですか?

私自身、そう思います。

> ちなみに私もそのアンケートに答えるなら、お金を払ってまで読みたくないに一票になります。
> 興味はあるし、つまらないだろうとも思わないんですけどね。
> ただ、無料で読めるコンテンツだろ思って読んでいたのに、費用が発生すると急に心理的なハードルが高くなるアレですね。

そりゃそうですよね。自分だってそう思います。

> ともあれ、頑張って下さい。
> 買うかどうかは別にして応援しています。

ありがとうございます。

Re: タイトルなし

井藤 さん

> 面白そうですね。七百円くらいなら喜んで買いますよ!執筆頑張ってください。

ありがとうございます。推敲が思いの外大変で、訳がわからなくなってますw

> どうせならイケハヤ師に頼んで宣伝してもらったら?

一応ツイッターでご連絡ぐらいはしようかとは思います。

No title

アンケートの結果、むしろ良好なのではないですか?

例えば書店で本に興味を持ってパラパラめくっても、お金を出して実際に買う人は1-2割が関の山ですよね。
いわゆる基本プレイ無料ゲームでも課金するのはそれくらいの割合と聞いたことがあります。

ツイッターでフォローしてる人だと本屋でパラパラ立ち読みする人より、もう少し興味の度合いが大きい人が多いのかもしれませんが、それでも6割を超える人がお金を出してまで読みたいというのは良好な結果のように思えます。

ちなみに私もそのアンケートに答えるなら、お金を払ってまで読みたくないに一票になります。
興味はあるし、つまらないだろうとも思わないんですけどね。
ただ、無料で読めるコンテンツだろ思って読んでいたのに、費用が発生すると急に心理的なハードルが高くなるアレですね。

ともあれ、頑張って下さい。
買うかどうかは別にして応援しています。

面白そうですね。七百円くらいなら喜んで買いますよ!執筆頑張ってください。
どうせならイケハヤ師に頼んで宣伝してもらったら?

コメントの投稿

非公開コメント

投げ銭・カンパはこちらへ

15円からお好きな金額を投げ銭出来ます。→ Kampa!

貧BPのほしいものリスト(amazon)

プロフィール

hin-bp

Author:hin-bp
アラフォーのバックパッカー。働くのが大嫌いという真性怠け者。嫌々働きながらなんとか1000万円貯めてアーリーリタイアをもくろんだものの、貯まる前に震災&原発が来てぷちっとネジが切れ、勢いで仕事辞める。今後はまったく五里霧中。

コメント・トラックバックについて

コメント・トラックバックは承認制です。 記事に対する意見・質問・批判など、ぜひお寄せください。 ただし誹謗中傷・公序良俗に反するもの・主題と明らかに無関係なものなどは、承認しないことがあります。 投稿する際は、個別の見分けがつくハンドルネームをかならず記入して下さい。ハンドルネームのないもの、他と区別できないもの(名無しさん、など)は原則として承認しません。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 世捨て人へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村
「貧BPの人生オワタ\(^o^)/旅」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

メールフォーム

ご意見やご連絡など、このフォームを使ってこちらまでお送りください。返信が必要なものはこちらから折り返しご連絡いたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。