HOME > スポンサー広告 > フィリピン英語留学で青春を取り戻せ!HOME > フィリピン英語留学 > フィリピン英語留学で青春を取り戻せ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   このエントリーをはてなブックマークに追加

フィリピン英語留学で青春を取り戻せ!

 最近は某有名ブロガーがこっぴどく叩かれまくって、消耗していくのを見て、こちらもなんだか意気消沈してしまってます。

 こんな時は、かつてのフィリピン英語留学の楽しかった日々を、つい思い出してしましますね。


月15万円出せるなら、フィリピン英語留学を強烈におすすめします



 自分の半生記をご購入いただいた方はおわかりかと思いますが、前職を辞めた後、フィリピンに短期の英語留学に行っていました。この記事の「フィリピン長期滞在」が、英語留学でした。


 その時にちょこちょこと調べたことをこの記事では書いたわけです。記事に出てくるボラカイというリゾートアイランドの宿泊も、もちろん実体験です。


当時は月8万円程度だった



 自分はただ安宿に泊まっていたわけではなく、英語留学でしたから、住むのも学校の寮だし授業料もあるので、実際には月8~10万円ほどかかっていました。当時は円高でしたから、今の円安水準で言えば、15万円はあったほうが良いかなと思います。
「あなたの言う外こもりスタイルなら月3万円(今の円安水準なら5万円)程度でいいのに、なぜ3倍近くも出すのか?」と思われるかもしれませんが、英語留学には素晴らしいメリットがいくつもあります。お金を出せるなら、普通に外こもるより、はるかに楽しい日々が送れることでしょう。


ゲストハウス宿泊型外こもりにとって最強と言っていいフィリピン英語留学の日々



 それこそ利点は山のようにあります。

1.英語が上達する


 フィリピンの英語学校は、本気で短期間で英語をマスターすることを目的とするタイプの学校と、アクティビティを充実させ学生生活を楽しませるタイプの学校、2つに分かれると言われています。
 最近は「何十万円も出して行ったのに、全然英語を身につけられなかった」という批判が増え前者のタイプが増えていますが、後者もそう悪いものではありません。特に外こもり的視点で言えば、なおさら。

 いくらお遊び系と言ったって、学校は学校です。授業も毎日あるし、そこでは意地でも英語を使わねばなりません。使ってればいくらかは上達します。純粋に英語能力だけを高める目的だと費用対効果は薄いかもしれませんけど、これからいくつも述べるものにプラスして英語も身につくわけですからね。

2.現地の若い女性と堂々と話す機会を持てる


 教えてくれる先生は女性のほうが多いです。しかもほとんどが20代、30代。

 たとえば日本で奥手だった男性がバンコクに行って、いきなり街なかのかわいい女の子に声をかけられますか? ナンパの経験もないのに?

 よく海外に行くと簡単に若い女性と話せたり、彼女が出来るとか言う人がいますけど、それはそういうのがもともと上手な人だけですよ。機会も技術もないのに、上手くいくわけがない。だからこそ日本人男性はゴーゴーバーやコーヒーショップという風俗に行き、疑似恋愛を楽しむわけです。
 もし海外に行くだけで簡単に彼女や友達が出来るなら、なぜ風俗に行くんですか?

 英語学校でなら、そういう若い女性と堂々と毎日何時間も話す機会があります。
 しかもその大半は狭い個室でのマンツーマン授業です。

 後ろめたいことなんかなにもない。こちらはまじめに英語を身につけるべくフィリピンに行き、英語を学んでるんです。日本に帰ってきたって、誰にでも堂々と言うことが出来ますよね? 「風俗ばかり行ってた」とは、天と地の差です。

 なかには先生と恋愛関係になる人もいますけど、向こうはそれこそ何十人とマンツーマン授業を繰り返してきてますし、あくまでも教師という職業で身を立てようとしている人ですから、プライドもあります。これはそう簡単ではないとだけは、書いておきたいと思います。
 先生たちも、風俗嬢同様、カネ目当てで働いてると言われれば、そのとおりかもしれません。それでも、カネ目当ての風俗嬢と話すのとは、だいぶ違うと思いますよ。

 お触りが無いと物足りないなんて人は……風俗に行くしか無いでしょう。フィリピンにはそういうのも充実してますから、行ってる人も確かにいました。

 一応書いておきますけど、自分はエッチい話とは無縁です(笑)。真面目に勉強してました。授業であろうが若い女性と毎日何時間も話す、それだけでも楽しかった。
 また、もちろん先生には男性もそれなりにいますし、授業も受けてました、それももちろん楽しかった。フィリピンの男性がなにを考えてるのか話すのも、とても良い経験でした。半生記にも書いたけど、真剣に宗教論を交わしたりもしましたしね。

3.日本や韓国の若者と、ゲストハウスとは比較にならないくらい長期間の濃密な人間関係を満喫できる


 学校によって違いはありますが、大抵は一か所の巨大な寮にその学校に所属する生徒がつめ込まれます。巨大な寄宿舎生活そのものなわけです。
 そこで毎日、毎週、毎月、同じ時間を過ごしていく。授業もなんコマかは複数の生徒が参加するタイプのものがありますから、クラスメイトも出来ます。
 特に、同じ日に入学する生徒(これを「バッチメイト」といいます)は同期として、特に親密な関係になりやすいですね。

 英語留学に来ているのはそのほとんどが20代の若者です。特に韓国人にその傾向が強く、ほとんどが大学生か、大学を出たばかりの人たち。韓国ではまともな会社に入るには英語力が必須となっていますからね。

 普通の安宿・ゲストハウスだと、沈没や外こもりしてる自分らは別として、普通のバックパッカーはどんなに長くても一週間程度で出ていきます。その出会いと別れの繰り返しが楽しいんですが、それはそれで物足りないところもあったりする。仲良くなった頃にお別れですからね。
 お互いが移動するバックパッカーであれば、例えば世界一周の方向が同じ向きだと、今後も各地で再会の機会があります。だけど外こもりだとそれは無いので、そのままお別れになってしまう。

 ところが英語留学であれば、大抵の人は一ヶ月は在学します。大学生は長期休みに合わせて二ヶ月ぐらい。三ヶ月以上となると、無職や転職の合間の人が多くなります。
 これだけ長期間になってくると、そりゃあまあ、いろいろありますよ。毎日がお祭りみたいなものです。誰と誰がくっついた、別れた、好きになった、喧嘩した……毎日大忙しです。

 海外のテレビドラマで、男子寮女子寮が分かれてて、それぞれ異性は入れないので外で会わなきゃいけないとかってシーン、ありますよね? あれが当たり前のように繰り広げられる。
 仲良くなった男女が数泊どこかに二人きりで旅行にいくなんてのも、よく見かける光景でした。

 そういう展開が無くても、そりゃ楽しいものです。平日は本気で学業に明け暮れるタイプは、それはそれで仲間意識が出来、仲良くなる。金曜夜は飲みに行くとか、週末はダッピンと呼ばれるフィリピン式ボーリングを遊ぶとか、カラオケに行くとかね。
 誰かの卒業が近づいてきたら、本当に仲の良い数人で卒業旅行です。

 勉強を放り出すタイプもいましたけど、個人的には学費がもったいないので、授業は全部出てました。真面目な生徒ですね。その授業だって、楽しかったし。英語発表会のメンバーなんかに選ばれたりもしました。

合コン

 こんな感じで、まさに青春ドラマそのものの日々です。まさかアラフォーになってからこんな「ザ・学園生活」みたいなものを送れるなんて、夢にも思ってませんでしたよ。

 一週間・二週間で出て行く人はサラリーマンが有休をかき集めて来てるケースがほとんどなので、あまり交流に重きを置かず必死に勉強してたりしますので、正直関わる機会があまり無いです。

 また、中には現地人との交流に勤しむタイプもいます。


 これと同じことが英語学校にも言えます。放課後も週末も、授業時間以外は学校にいないで、現地のショッピングモールでナンパしたりして楽しそうにしてる人もいます。そのあたりは自分にはよくわからんです。ほとんど関係を持たなかったので。

4.年齢差は安宿以上に問題ではなくなる


 ゲストハウスに50代60代の人が泊まることは普通にありますが、やはり若い人同士と比べると、どうしても壁のようなものを感じることはあります。価値観やものの考え方が違うから、話す機会も少なかったりする。
 
 ところが英語学校で同じクラスになると、話さざるを得なくなります。日本の学校の授業とは違って、生徒同士で会話させたり、意見発表を求めてくるタイプの授業しかありませんからね。
 こうやって強制的であっても話す機会があると、お互いを理解する機会が増えます。理解すると、親密度も増してくる。増してくれば、年齢の差を乗り越え仲良くなることも出来ます。
 ゲストハウスだとなかなか難しい「話す機会」が容易に得られるのが、英語学校のいいところですね。

 ただ、性格的にどうしてもそういうのが難しい人は、部屋にこもることになる。そういう人ってフィリピンに来る前からわかっているのか、たいてい相部屋ではなく、シングルルームを取るんですよ。そして、本人曰く、勉強に来たんだから勉強するんだと言って部屋にこもったりするんですが……これはもう、本人の問題なので、なんとも言えません。

 だけど、本人が若い人と仲良くなりたいと思うなら、自分から動くのが苦手な人でも、ゲストハウスや現地人と交流するのにくらべ、圧倒的に友達や話せる人を作るのは容易と言ってもいいです。年齢は違えど、対等な同級生同士ですから。

5.ベッドメイクもゴミも洗濯も料理も掃除も全部やってくれる


 勉強に専念できるようにということで、これらの雑事をすべてメイドさんや業者に任せてしまえる学校が多いです。家事がやりたくないものぐさには最高の環境でしたね。


フィリピン英語留学は、究極のゲストハウス滞在型外こもりと言ってもいいかもしれない



 英語留学の最大の欠点(?)は、格安外こもりに比べれば、お金がかかることです。今の円安水準で言うと、最低でも月15万円は覚悟した方がいい。これだけ出せば、毎週末の飲み代や遊び代も含めて、全てをまかなうことも難しくはありません。
 先生の質、寮の設備や料理、立地……このあたりにこだわればこだわるほど、費用は増えていきます。自分が泊まった寮のレベルは、東南アジアの格安ゲストハウスよりちょっとマシという程度で、個人的には贅沢すぎるほどだったんですが、ほとんど海外に来たことのない現役大学生とか、おじさんとかは、よく不満を言ってました。
 ですが、外こもりだーバックパッカーだーとやってた自分からしたら、天国以外の何物でもありませんでした。

 現役の学生時代にはまったく無縁だった色恋沙汰も少しはありましたし、それこそ、十何年かぶりの学生生活は、ともかく楽しかった! 経験の無い寮生活も新鮮でしたしね。
 ともかく、「基本的に現地人と交わることはなく、ゲストハウスで人と交流するのが好き」という自分のような性格の人間には、まさに最高の環境でした。究極のゲストハウス型外こもりスタイルと言っても過言ではないかもしれません。

 もしお金に余裕があるなら、一年を3つに分けて、「一か所滞在の外こもり」「行ったことのない場所のバックパッカー一人旅」「数ヶ月のフィリピン英語留学」をローテーションで繰り返したいぐらいです。これだとせわしないから、二年程度で3つに分けるほうがいいかもしれません。

 それも……お金があればの話。自分なら、年間100万円ぐらい自由になるお金があれば出来るスタイルでしょうか。今の自分には夢物語。はぁ~。

注意事項


 最後に簡単に書いておきますが、利点その1でも書いたように、最近はともかく英語習得を第一目標にし、本気でストイックな勉強漬けの日々を送らせる学校が増えています。
 また、あえて日本人オンリーにしてる学校も増えています。

 そういうところはえてして学費も高めに設定されていたりしますが、「楽しい学生生活」を前提にするなら、選ばないほうがいいです。他の本気の皆さんにも迷惑をかけてしまいますし。

「学校の選び方」は、後日、別の記事にしたいと思います。


   このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

Re: No title

h さん

> 今回のネタはずいぶんおもしろかったよ、おれも初めての海外はNZのワーホリで語学学校通ったからまさしくこんな感じ、あまずっぱいわーみたいな青春思い出したわ

そうなんですよねー!
まさに青春って感じです。

Re: タイトルなし

Cosi さん

> 某有名ブロガーは高知の先生のことでしょうか?
> 誰のことなのか分からず…

そうですね。
表向きはともかく、検索かけるとものすごい叩かれようで……。

> フィリピン留学楽しそうですね!
> 行ってみたいてすが、月15万は高いなぁ。
> 勉強もあまりしたくないし。
> 貧BPさんにとって英語勉強はあまり苦にならなさそうなのが意外でした。

勉強、楽しかったですね。苦手なので苦労はしましたけど、
お金があれば、もっとやりたかったくらいです。

No title

今回のネタはずいぶんおもしろかったよ、おれも初めての海外はNZのワーホリで語学学校通ったからまさしくこんな感じ、あまずっぱいわーみたいな青春思い出したわ

某有名ブロガーは高知の先生のことでしょうか?
誰のことなのか分からず…

フィリピン留学楽しそうですね!
行ってみたいてすが、月15万は高いなぁ。
勉強もあまりしたくないし。
貧BPさんにとって英語勉強はあまり苦にならなさそうなのが意外でした。

コメントの投稿

非公開コメント

投げ銭・カンパはこちらへ

15円からお好きな金額を投げ銭出来ます。→ Kampa!

貧BPのほしいものリスト(amazon)

プロフィール

hin-bp

Author:hin-bp
アラフォーのバックパッカー。働くのが大嫌いという真性怠け者。嫌々働きながらなんとか1000万円貯めてアーリーリタイアをもくろんだものの、貯まる前に震災&原発が来てぷちっとネジが切れ、勢いで仕事辞める。今後はまったく五里霧中。

コメント・トラックバックについて

コメント・トラックバックは承認制です。 記事に対する意見・質問・批判など、ぜひお寄せください。 ただし誹謗中傷・公序良俗に反するもの・主題と明らかに無関係なものなどは、承認しないことがあります。 投稿する際は、個別の見分けがつくハンドルネームをかならず記入して下さい。ハンドルネームのないもの、他と区別できないもの(名無しさん、など)は原則として承認しません。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 世捨て人へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村
「貧BPの人生オワタ\(^o^)/旅」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

メールフォーム

ご意見やご連絡など、このフォームを使ってこちらまでお送りください。返信が必要なものはこちらから折り返しご連絡いたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。