HOME > スポンサー広告 > 生活保護をもらっても海外旅行は出来る、ただし……HOME > 生活保護・社会福祉 > 生活保護をもらっても海外旅行は出来る、ただし……

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   このエントリーをはてなブックマークに追加

生活保護をもらっても海外旅行は出来る、ただし……

 以前から当ブログでは「生活保護をもらっていても海外旅行はできるが、海外滞在日数分支給額が差し引かれてしまうので、現実的には不可能だ」という旨の解説を書いてきました。

 が、新しい事実が判明しました。

海外旅行中も生活保護対象 最高裁、渡航費減額は可能

 生活保護を受けている大阪市東淀川区の男性が、海外滞在を理由に滞在日数分の保護費を区福祉事務所が減額したのは違法として、処分取り消しを求めた訴訟の上告審判決で、最高裁第1小法廷は28日、「住居が国内にあれば、海外滞在期間中も生活保護の支給対象になる」との初判断を示した。
横尾和子裁判長は一方で「海外渡航費は本来、生活費に充てるべきで、その限度で差し引くことは妥当」と判断。請求を認めた1、2審判決を破棄し、男性敗訴とする判決が確定した。
海外旅行中の生活保護打ち切りは全国的になされている運用。行政は見直しを迫られるが、判決は旅行費分をカットできると認めたため、受給者には必ずしも有利とはいえないようだ。
判決によると、男性は2001年4月から生活保護の支給を受けていたが、同年6月に11日間、求職活動を理由にタイに滞在。帰国後、「生活扶助費」として、交通費や滞在費計約7万円の支給を区福祉事務所に申請した。
しかし、却下された上、9月分の保護費支給の際、タイに滞在した11日間に相当する約3万3000円が差し引かれた。

 実はリンク先がすでに消えてしまっているのですが、いくつかのサイトから、このニュース自体は共同通信の配信と確認しております。

結局はプラスマイナスゼロ?


 この記事にあるように、「海外旅行中の生活保護打ち切りは全国的になされている運用」という前提で当ブログも今まで記事を書いてきましたし、これには法的根拠があるものと、この自分ですら思い込んできました。
 ところがそれは違っていた、水際作戦同様の不当取り扱いだったということになります。

 だけど問題は「渡航費を差し引くのは妥当」という判決内容。もう少しわかりやすい記事を探しました。

海外渡航中でも生活保護費は受給できる…最高裁が初判断

読売夕刊 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20080228-OYT1T00537.htm
毎日夕刊 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20080229k0000m040106000c.html
 生活保護を受けている人が、海外渡航期間中も生活保護費を受給できるかどうかが争われた訴訟の上告審判決が28日、最高裁第1小法廷であり、横尾和子裁判長は「受給できる」との初判断を示した。
 これまでは海外渡航中の生活保護費を支給しない運用がなされてきたが、今後は個別の事情を自治体が検討し、支給の是非を判断することになりそうだ。一方、同小法廷は、自分で渡航費用を支払える余裕がある人には「生活保護費を減額できる」と指摘し、減額を不服とした原告側の請求を棄却した。
 訴えていたのは、大阪市の男性。判決によると、男性は2001年4月から生活保護を受け始め、同年6月から約1か月間、タイに渡航した。男性は渡航期間中の11日間は求職活動を行っていたと主張。その期間中の生活保護費約3万円を減額した市側の処分の取り消しを求めていた。
 判決は「男性はタイへの渡航費用約7万円を自分で支払っており、その分は生活のゆとりがあった」と述べ、市側の減額処分は適法と判断した。2審・大阪高裁は「渡航費を自分で支出したという理由で、生活保護費を支給しないのは違法」と、処分の取り消しを命じていた。
 厚生労働省によると、生活保護を受けている人は全国で約150万人いる。

 渡航費分7万円の生活のゆとりがあり、その分の減額処分は適法というのは、どちらかと言うと、「生活保護受給者がどれだけ貯蓄できるのか?」に関係してくる話のように思えます。

 受給者が実際は家財道具の買い替えのためなどを目的としある程度貯金できることは確認しています。もし一歳の貯蓄が出来ないなら、エアコンやパソコン、冷蔵庫の買い替えが必要になった場合、保護費の大半を支出しなければいけなくなり、生活が不可能になりますから。
 ですがそのお金を海外旅行に使うと、ゆとりがあったとみなされ減額されてしまう。最高裁判決ですから、これはファイナルアンサーです。

 結局は渡航費分が引かれてしまうわけで、それを最高裁が適法と認めた以上、海外にいる間は保護費をもらえないのと同じです。つまり、現実的には、生活保護受給者は海外旅行ができないと考えておくべきということになります。


お金や支援者があっても海外長期滞在は危険


 また、最初の引用の、「住居が国内にあれば、海外滞在期間中も生活保護の支給対象になる」も重要ですね。住居が国内にある、つまり、住民票も日本にある必要がある、ということです。
 当たり前じゃんと言われそうですが、これは、いわゆる節税などで住民票を抜く話と関わってきます。この場合「日本に年間で90日以上滞在していると日本在住とみなす」ことになり税金がかかってくるので、日本帰国は90日以内に抑えるというテクニックで用いられます。
 誰かが滞在費を出してくれるから、それが収入とみなされ保護費を減額されても構わないと思っても、海外に出ずっぱりで日本に90日以下しか滞在しないなんてことをしたら、この場合は喜んで海外転出の手続きを「強制」し、生活保護を打ち切ることが想定できます。
 まあ実際、受給者にそんなパトロンがついて、長期間海外に滞在できるケースというのは、ちょっと想像できないですけどね(笑)

 結論として、生活保護をもらいながら海外旅行や外こもりなんてのは、考えないほうがいいと思います。もらい始めたら、終わり。海外なんか行けても二泊三日が関の山ってことになるでしょうね。

   このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

Re: No title

Cosi さん

> もし住宅扶助を除いて、8万くらい受給できたとしたら月イチでLCC利用の二泊三日の旅行なら余裕でできそうですね。
> 夢がふくらみます。
> ただ一般の人にバレたら叩かれそうですが…

たしかに可能だとは思いますが、そこが問題ですね。

Re: No title

syv さん

> ハンドキャリーやりながら生活保護基準との差額分を受給するようにすれば、たまに個人旅行をはさんでも分からないような気がしますが。

これは疑問に思ってることなんですが、海外ハンドキャリーという仕事をしながら生活保護を受給するっておそらく前例がなく、対応に相当苦慮するだろうと思います。
そうならないように、つまり、生活保護をもらわないですむようにしたいですけどね。

Re: タイトルなし

いんちき投資家 さん

> じゃあ、海外旅行はマイルをためて行けばいいってこと
> 生活保護受けているとそう簡単にはたまらないだろうけど。

マイルも収入認定されそうな気がします。

No title

もし住宅扶助を除いて、8万くらい受給できたとしたら月イチでLCC利用の二泊三日の旅行なら余裕でできそうですね。
夢がふくらみます。
ただ一般の人にバレたら叩かれそうですが…

No title

ハンドキャリーやりながら生活保護基準との差額分を受給するようにすれば、たまに個人旅行をはさんでも分からないような気がしますが。

じゃあ、海外旅行はマイルをためて行けばいいってこと?

生活保護受けているとそう簡単にはたまらないだろうけど。

コメントの投稿

非公開コメント

投げ銭・カンパはこちらへ

15円からお好きな金額を投げ銭出来ます。→ Kampa!

貧BPのほしいものリスト(amazon)

プロフィール

hin-bp

Author:hin-bp
アラフォーのバックパッカー。働くのが大嫌いという真性怠け者。嫌々働きながらなんとか1000万円貯めてアーリーリタイアをもくろんだものの、貯まる前に震災&原発が来てぷちっとネジが切れ、勢いで仕事辞める。今後はまったく五里霧中。

コメント・トラックバックについて

コメント・トラックバックは承認制です。 記事に対する意見・質問・批判など、ぜひお寄せください。 ただし誹謗中傷・公序良俗に反するもの・主題と明らかに無関係なものなどは、承認しないことがあります。 投稿する際は、個別の見分けがつくハンドルネームをかならず記入して下さい。ハンドルネームのないもの、他と区別できないもの(名無しさん、など)は原則として承認しません。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 世捨て人へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村
「貧BPの人生オワタ\(^o^)/旅」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

メールフォーム

ご意見やご連絡など、このフォームを使ってこちらまでお送りください。返信が必要なものはこちらから折り返しご連絡いたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。