HOME > スポンサー広告 > NHK クローズアップ現代「"仕事がない世界"がやってくる」の感想HOME > 社会評論 > NHK クローズアップ現代「"仕事がない世界"がやってくる」の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   このエントリーをはてなブックマークに追加

NHK クローズアップ現代「"仕事がない世界"がやってくる」の感想



 海外出張中にこの番組の放映を知って親に録画を頼んだのですが、すかさずネットで共有してくる人がいるので、その必要もなかったです。外こもりしてようが、世界一周してようが、こうして見ることが出来るのであれば、日本で録画するしないとか、関係ないですよね。
 もっとも最近は、日本の自宅に全てのチャンネルの全番組を録画する全録機を設置し、それを自分専用のクラウドサーバーとして、海外どこでも見れるようにするという人もいるそうなんですけど。

雇用が減っていき、生産性は上がる→分配の問題になるということ


 それはそれとして、クローズアップ現代でこういうテーマが取り上げられるようになったというのは、本当に感慨深いことです。わずか数年前ですら、こういう話をすると「バカ言うな、そんなこと絶対にない」と叩かれたものです。それがいまや、ニュースの冒頭で人工知能が囲碁の世界トップレベルのプレーヤーに勝利したことが取り上げられたり、こうして真面目な解説番組で技術的失業が取り上げられる時代になったんですから。

 さて、この動画は当ブログのように技術的失業やベーシックインカム一辺倒ではなく、既存の仕事を分け合う形の対策も取り上げられています。

行政に求められる

「行政に求められているのは、より多くの人に仕事に就いてもらうこと」……この発想自体がすでに時代遅れなんですけどね。

 取り上げられた自動車整備会社では「1日8時間労働・8時間営業」を「1日6時間労働×2・12時間営業」にすることで競争力を増し、利益率を上げ、一人あたりの収入を減らさないことに成功し、それどころか雇用創出すら行いました。
 でも、その裏でこの会社に押されて収益を減らした会社の存在は出てきません。自動車整備なんて自動車の台数自体が増えないかぎり需要が増えることも無いでしょうから、この会社がより多く儲けるようになったなら、他に影響が出ているはずなんです。

 また、ともかく多くの人に仕事に就いてもらうことを至上命題とすると、結局は行政の無駄な財政出動・公共事業の創出が求められてしまう。

雇用なき成長

 番組冒頭で取り上げられたこの「雇用なき成長」のグラフが意味することは、1日6時間の労働でそれまで8時間働かないと得られなかった賃金を得られるようになったなら、今後はそれが4時間になり2時間になり、最後は0時間、つまり、働かないでも所得を得られる時代がやってくるということです。
「雇用は横ばいになっただけで、下がってはいないだろ。仕事が無くなるなんてことはない」と言う人がいたとして、では、上がり続ける生産性はどうなります? ここの乖離が大きくなればなるほど、従来型の分配の考え方では上手く行かなくなっていくことが想像できます。

資本主義の変遷

 エリザベス一世当時の生活保護の発想は「自活できる人は放っておいてもよいが、生活に困る人はなんとかしないといけない」というもの。
 ビスマルクの社会福祉は「全体の底上げ」。
 ケインズの雇用創出は「分配の口実作り」。

 となるとこの先の、人類に仕事というものが無くなり、技術的失業が当たり前になる社会においては、ベーシックインカムが「全体の生存権保証」ということになるのでしょうね。ワークシェアリングや人が行う労働の効率化は、それまでの過渡期の対策に過ぎません。


個人個人の蓄財による対策など意味が無い


 また、ピケティの「r>g」の話などを援用し、だからこそ庶民も資産投資に励もうなどと煽る人がいるけど、そんなのなんの対策にもなりません。焼け石に水です。
 相続税100%なら、また話は変わってきますけどね。

 大事なのは、こうして生み出される新たな技術革新や人工知能というのは、全人類共通の財産だということです。もしこれを親が金持ちだとか、生まれた国が裕福だとかで独占することを認めてしまったら、格差拡大は絶望的になります。

 だって最終的に、生まれた子どもがすべき仕事など、この世には何一つ無い時代がやってくるんですから。仕事が無いのなら、「働かざるもの食うべからず」では、生きていくことが出来ません。
 かたや親から受け継いだ資産のある子どもは、それだけで生きていくことが出来ます。全ての食料生産をロボットが行う企業の株を親が持っている。それだけで配当を受ける権利を持ち、その配当を元に他社の製品を買うことが出来る。生まれつきこの「資産持ち」でない限り生きることができなくなる。
 ところが仕事は何一つないので、「資産なし」の子どもは、佐川急便でがんばって貯金してお金を貯めて、それを元に逆転を目指すことが不可能になる。仮に人類がすべき仕事が皆無にはならずいくつか残るとしても、それをめぐる奪い合いは今の比ではなく、激しくなるだけです。

 資産(製造手段、資源)を誰かやどこかの国の所有にすることを認めるという今の考え方=資本主義のままでは、早晩、経済は立ちゆかなくなります。庶民の蓄財というのは、番組で出てきた施設担当者の「行政に求められているのは、より多くの人に仕事に就いてもらうこと」と同じレベルの、その場しのぎの発想に過ぎません。
(その、その場しのぎのテクニックこそが庶民に今最も必要とされているのだ、という意見も、わからなくはないですけどね。自分自身それが必要なわけですから(笑))

 すべての資産は最終的には全人類の所有とし、その分配をベーシックインカムで行う。その分配方法は人間よりも優秀な人工知能が行う。
 こうなるしか無いと思います。

   このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

特異点待ちより

現状生保をもらったほうが速い
もらえるならばだけど

これも本来的にはBIで処理したほうがいいけどね

Re: No title

あぱむ さん

> 今までも色んな人が指摘してたかと思いますが、
> 問題なのはそれがいつなのかってことですよね。

たとえば以前は週休1日だったのに、それが2日が当然になって20年ぐらいはたちますよね。
生活保護もどんどん増えてる。
どの先進国でも、福祉で生きる人の数は増えていってます。
休みを増やしてワークシェアリングを推進するにせよ、お金を分配=シェアリングするにせよ、すでに人類がより働かない世界へと着実に近づいていってるのは、間違いないことだと思います。

> 5年、10年、50年。技術の問題だけでもない。
> フルタイムで60歳まで働くのが今の普通だとしたら、
> 貧さんがその恩恵を享受するには後20年程度しか時間がないし、
> それは無理だろうってのが大方の見方でなかったでしょうか。

そうも思いません。なんだかんだで数年以内に生活保護をもらうなら、それは恩恵を享受する側になることを意味しますし。
とはいえ社会福祉のスタイルが、今のような「助けてやってる」から「権利」に変わってくれないと気持よく受給できないし、そうならないと、社会はギスギスする一方なので、肝心なのはその転換点がいつ来るか、なんですよね。
どうせなら、もらうのは転換点が来てから後のほうがありがたい。それがあと20年以内に来るか来ないか……そこが分かれ目でしょうか。

Re: おひさしぶりです。

ヤンバルクイナ さん

> しかし、技術的特異点とはAI(機械)の人の手から離れ独り立ちする時期だと思うので、これまでの様に機械の進歩=利便性が上がる。という機械が人の幸せに寄与するかと言われると難しいかもしれません。
> 自然が美しいとか、種の多様性が大事とか人が生物として持つ感覚がAIにはありませんので、(仮に人がそれを組み込んだとしても技術的特異点で無駄なものとして外されるでしょうから)
> AIはAIとして勝手に進化していくと思われます。

これはそのとおりと思います。
ただ、宇宙人や未知の文明といきなり出会うわけではなく、成長していく過程に寄り添うのですから、その間にコミュニケーションを培っておくことが大事だと思うんですよ。

> もしかすると、その技術的特異点の前の数年間は夢の様な時期が来るかもしれませんが、長くないと思います。

最終的に人類は滅びると思いますが、いかにゆるやかに・苦しみ無く滅びていくかが大事なんだと思います。
その夢の様な時期をどう持続させる、緩やかなものにしていくかが、人類の幸せを左右するでしょうね。

> 人は感情の動物なので、金はないけど働きたくない。だから持っている人が養え、それが当然の権利だ。は当面は難しいと思います。

民主主義である以上、過半数は無職になったら、だいぶ変わるだろうと思います。

Re: No title

はひふへほーき さん

> 安心して
> 貴方が生きてるうちは普通に働いて普通に蓄財して
> 普通に節制して普通に投資して生きていく事が
> 求められるから(´∀`*)

2045年ならまだまだ生きてるだろうし、それより早まるだろうという感じすらしてますよ。

> それとも自分が死んだ先の未来の話が凄く気になりますか?そんなことばかり考えてるから今現在ビンボーなんですよ(((o(*゚▽゚*)o)))

というわけで、本気でこれらの出来事は死ぬ前に起きると思ってます。

Re: No title

Cosi さん

> テロや戦争が増えても良いと考える人が一定以上いるから、今のような世界情勢になってるんだと思うんです。
> 世界政府を樹立するにはそのような人たちを抑え込まないといけないわけで、やはり難しいと思ってしまいます。
> 彼らを変えるような良い方法があればいいんてすけどね。

変えられないなら、それ相応の世界になるだけなんでしょうね。
別に人類が繁栄しようが滅びようが、大宇宙からしたらどうでもいいことなんでしょうし。
結局、彼らになんとか変わってもらわないと困るのは「この自分」だから、あれこれ言ってるだけなんだろうと思います。

No title

今までも色んな人が指摘してたかと思いますが、
問題なのはそれがいつなのかってことですよね。
5年、10年、50年。技術の問題だけでもない。
フルタイムで60歳まで働くのが今の普通だとしたら、
貧さんがその恩恵を享受するには後20年程度しか時間がないし、
それは無理だろうってのが大方の見方でなかったでしょうか。

おひさしぶりです。

将棋に続いて囲碁までAIの勝利となり、AI技術の進化は予想より早そうですね。

しかし、技術的特異点とはAI(機械)の人の手から離れ独り立ちする時期だと思うので、これまでの様に機械の進歩=利便性が上がる。という機械が人の幸せに寄与するかと言われると難しいかもしれません。
自然が美しいとか、種の多様性が大事とか人が生物として持つ感覚がAIにはありませんので、(仮に人がそれを組み込んだとしても技術的特異点で無駄なものとして外されるでしょうから)
AIはAIとして勝手に進化していくと思われます。
もしかすると、その技術的特異点の前の数年間は夢の様な時期が来るかもしれませんが、長くないと思います。

人は感情の動物なので、金はないけど働きたくない。だから持っている人が養え、それが当然の権利だ。は当面は難しいと思います。




No title

安心して
貴方が生きてるうちは普通に働いて普通に蓄財して
普通に節制して普通に投資して生きていく事が
求められるから(´∀`*)
それとも自分が死んだ先の未来の話が凄く気になりますか?そんなことばかり考えてるから今現在ビンボーなんですよ(((o(*゚▽゚*)o)))

No title

テロや戦争が増えても良いと考える人が一定以上いるから、今のような世界情勢になってるんだと思うんです。
世界政府を樹立するにはそのような人たちを抑え込まないといけないわけで、やはり難しいと思ってしまいます。
彼らを変えるような良い方法があればいいんてすけどね。

Re: タイトルなし

Cosi さん

> 世界政府が生まれて地球規模の再分配が機能しない限り難しいかなと思います。
> 現状を考えると今世紀中には無理でしょう。
> やはりその場しのぎに注力して、いかに楽しい毎日を個人個人が送れるようにするか工夫するほうが現実的だと思います。
> その一つが外こもりですよねぇ。

無理とは思いませんけどね。というか、やれないと、世界中悲惨になるだけです。テロも戦争も増える一方でしょう。

それはそれとして、個人がその場しのぎをするのも、また各自で大事なことですよね。私だってなんだかんだやってるわけで。成果は出ないけど。

世界政府が生まれて地球規模の再分配が機能しない限り難しいかなと思います。
現状を考えると今世紀中には無理でしょう。
やはりその場しのぎに注力して、いかに楽しい毎日を個人個人が送れるようにするか工夫するほうが現実的だと思います。
その一つが外こもりですよねぇ。

Re: No title

インデックス投資 さん

> 技術的特異点は「人間の予想の限界を超える」であって、事後的に人間が理解できるかどうかは別だと思いますが、違いますか?
> 仕事で使用するには人間に結果を説明する機能を持つ人工知能が求められます。仕事で必要ですから、説明機能の開発も進むと思いますね。

すでに画像生成とかで「なぜ機械がそういう画像を作るのかよくわからない」状態になってますからね。
結果を説明するにせよ、瞬時瞬時に変わっていく状態に対応し、でも結果はたしかに適切なものを出す機械に説明を求めても、人間が追いついていけないでしょう。追いつけるようなものでは、それは特異点に到達していないように感じます。

「人間が仕事で使用する」という発想自体が、機械を道具として使うだけで、特異点以前の発想だと思います。

No title

>なぜその結果になったか「人間に」わからない、わからなくなる、それこそが技術的特異点の定義ですよ。

技術的特異点は「人間の予想の限界を超える」であって、事後的に人間が理解できるかどうかは別だと思いますが、違いますか?
仕事で使用するには人間に結果を説明する機能を持つ人工知能が求められます。仕事で必要ですから、説明機能の開発も進むと思いますね。

Re: No title

インデックス投資 さん

> TensorFlow の場合、なぜその結果になったのか説明するのが難しい仕様なので仕事には使いにくいらしいのですが(逆に言うと研究職や開発部門では、そのへんがはっきりすれば仕事での使用が認められる状況に既になっているらしい)、

なぜその結果になったか「人間に」わからない、わからなくなる、それこそが技術的特異点の定義ですよ。人間の手を離れたってことですから。

> 理系の方のブログを読んでいると職場で自分が育成した人工知能を使った投資について語り合うなど、上級国民の皆様はあなたの希望とは真逆に動いている様子がわかります。

そうですね。だからこそ格差も広がっていってます。
このままいくと、この世は地獄で、一部の勝ち組のみが幸せになるでしょう。だからこそ、基本的人権という「しょせん感情論で、効率性から言えばなんの根拠もない権利」を掲げて、それを守れと訴えていくしか無いんだと思います。
今はまだ民主主義国家が至上のものとされ、グローバル企業に対してもあれこれ文句言って税金を納めさせることも出来る。だけど日本の場合、その庶民の側が自由主義とやらに感化され、その権利を手放していってます。バカですね。
アメリカの若者が社会民主主義のサンダース候補を支持するようになってるのは、素晴らしいことだと思いますよ。そうやって社会の側が、資産の分配を強者に求めていくしか無いんですよ。

No title

>資産(製造手段、資源)を誰かやどこかの国の所有にすることを認めるという今の考え方=資本主義のままでは、早晩、経済は立ちゆかなくなります

ところが、自分の趣味や仕事のために人工知能の育成(調教)を始めている人がいるんですよね~。

[深層学習]AlphaGoの勝利が確定しましたが、その隙にTensorFlowで英仏翻訳する人工知能を育ててみた
http://d.hatena.ne.jp/shi3z/20160312/1457774055

TensorFlow の場合、なぜその結果になったのか説明するのが難しい仕様なので仕事には使いにくいらしいのですが(逆に言うと研究職や開発部門では、そのへんがはっきりすれば仕事での使用が認められる状況に既になっているらしい)、理系の方のブログを読んでいると職場で自分が育成した人工知能を使った投資について語り合うなど、上級国民の皆様はあなたの希望とは真逆に動いている様子がわかります。

コメントの投稿

非公開コメント

投げ銭・カンパはこちらへ

15円からお好きな金額を投げ銭出来ます。→ Kampa!

貧BPのほしいものリスト(amazon)

プロフィール

hin-bp

Author:hin-bp
アラフォーのバックパッカー。働くのが大嫌いという真性怠け者。嫌々働きながらなんとか1000万円貯めてアーリーリタイアをもくろんだものの、貯まる前に震災&原発が来てぷちっとネジが切れ、勢いで仕事辞める。今後はまったく五里霧中。

コメント・トラックバックについて

コメント・トラックバックは承認制です。 記事に対する意見・質問・批判など、ぜひお寄せください。 ただし誹謗中傷・公序良俗に反するもの・主題と明らかに無関係なものなどは、承認しないことがあります。 投稿する際は、個別の見分けがつくハンドルネームをかならず記入して下さい。ハンドルネームのないもの、他と区別できないもの(名無しさん、など)は原則として承認しません。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 世捨て人へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村
「貧BPの人生オワタ\(^o^)/旅」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

メールフォーム

ご意見やご連絡など、このフォームを使ってこちらまでお送りください。返信が必要なものはこちらから折り返しご連絡いたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。