HOME > スポンサー広告 > 海外長期滞在ビザの発給条件って、変わるんじゃない?HOME > ビザ情報 > 海外長期滞在ビザの発給条件って、変わるんじゃない?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   このエントリーをはてなブックマークに追加

海外長期滞在ビザの発給条件って、変わるんじゃない?

 海外には、多額の預金をすることを条件に頻繁に出国することなく滞在できる長期滞在ビザを出す国があります。
 フィリピンの20000USD、タイの80万バーツ、マレーシアの15万リンギットなど。
 もちろん預金金額だけじゃなく年齢とか総資産とか細かい条件もありますけど、「その国の銀行に多額の預金をする」というのは、とても重要な条件の一つでした。その国や銀行のキャッシュフローを増やすという意味があったんでしょうね。

 だけど今後はどうかなぁ……と、ふと思ってしまったのです。

 日本銀行がマイナス金利を導入してまだそんなにたってませんが、これはなかなかに衝撃的なことです。だって、お金を預けると減るんですもん。「預けるな! 預けたら懲罰にかけるぞ!」と言ってるようなものです。
 銀行はもはや、預かったお金を運用する能力を持たない。預けられても困るようになってきている。これが現実だと思うんです。

 先進国の出来事は、遅れて途上国に波及していきます。少子化もそう。となると、銀行の金余りは、途上国もいづれそうなるということを意味します。
 いままでは「預ける」ことが評価されビザもくれたけど、今後はどうでしょうか。

 おそらく、コンドミニアムを実際に買う、現地になにかしら自ら投資をする、預けるだけでなく実際にそういう購買行為をしないと評価されなくなる、ビザがもらえなくなる、そんな気がするのです。
「投資なんかわからんよ。でも預けるだけならいいよ。日本より利息も高いし」というタイプには辛くなるかも。

 同じことはカンボジアの高金利米ドル預金にもいえるかもしれません。まだ数年は安泰かなとは思いますが。カンボジアの場合、自国通貨リエルの安定度や信頼度の問題のほうが大きいですからね。

 ふと思いついたので書いておきます。今後この変化が当たったら、ほめてください(笑)

   このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

投げ銭・カンパはこちらへ

15円からお好きな金額を投げ銭出来ます。→ Kampa!

貧BPのほしいものリスト(amazon)

プロフィール

hin-bp

Author:hin-bp
アラフォーのバックパッカー。働くのが大嫌いという真性怠け者。嫌々働きながらなんとか1000万円貯めてアーリーリタイアをもくろんだものの、貯まる前に震災&原発が来てぷちっとネジが切れ、勢いで仕事辞める。今後はまったく五里霧中。

コメント・トラックバックについて

コメント・トラックバックは承認制です。 記事に対する意見・質問・批判など、ぜひお寄せください。 ただし誹謗中傷・公序良俗に反するもの・主題と明らかに無関係なものなどは、承認しないことがあります。 投稿する際は、個別の見分けがつくハンドルネームをかならず記入して下さい。ハンドルネームのないもの、他と区別できないもの(名無しさん、など)は原則として承認しません。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 世捨て人へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村
「貧BPの人生オワタ\(^o^)/旅」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

メールフォーム

ご意見やご連絡など、このフォームを使ってこちらまでお送りください。返信が必要なものはこちらから折り返しご連絡いたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。